「台灣天然抱石」TAIWAN OUTDOOR BOULDERING(台湾トポ)
new
5f3b77b0d7e1d829ae54b2b1

「台灣天然抱石」TAIWAN OUTDOOR BOULDERING(台湾トポ)

残り2点

¥4,180 税込

送料についてはこちら

台湾のボルダリングエリアのガイドブックです。 BIHOU、DABAO、PINGLAI、RUILONGの4エリア、約240課題を写真とイラストで収録しています。アクセスも電車・タクシー・自分で運転、なども簡単な英語でしっかり記載されていて、初めて台湾に行く方でもわかりやすい内容です。 211ページ/オールカラー/A5サイズ 著者:Roger Wo / Fiona Lee 言語:中国語 / 英語 希望小売価格:3,800円(税別) このトポの売上は全額、台風被害を受けた日本の岩場の復興資金に寄付されます。 【このトポを日本に紹介してくれた東京粉末からのコメント】 台湾のボルダーエリアは基本的に車で行くのですが、結構道が細かくて、初見ではなかなか厳しいところもありますが、ガイドブックには全ての岩場のGPS座標が書かれ、"Follow google map"とあって便利です。そこまで大きくない島なので、タクシーよりもレンタカーを使って岩場とナイトマーケットを回るのを勧めたいところです。 どのエリアも小ぶりなボルダーと、比較的気楽にトライできる課題が揃っていて、観光気分でほっこりできます。もちろん気合いの入りすぎたクライマーにとっても素敵です。なんといっても、未登ラインが沢山。現地で会うクライマーは誰もが優しくて、お節介で、ちょっと普通と変わった人ばかり。クライミングが持つ魅力、岩・自分との向き合い・人との出会い・ちょっとした冒険・毎度違う表情を見せる自然から得る感覚。クライミング旅の多くが凝縮された体験が、すぐ近くの台湾にあります。 飛行機も成田から往復3万円くらい。片道3時間。空港出ればすぐ街。良質なクライミングジムも沢山あります。それよりなにより台湾といえば屋台です。端から端までうまそうなものばかりで、どれも100円とか150円とか。つまみ食い、飲み歩きの天国です。そんな台湾。ちょっとした連休でも、ジムも岩場もグルメも満喫できるところ。最高です。